[PR]

東海の防災を考える

 築40年ほどの木造住宅。大地震に備えて耐震改修が必要だが、費用も時間もかかって踏み出せない――。

 そんな悩みに応えようと、名古屋工業大学の井戸田秀樹教授は、工期を大幅に縮め、費用も従来の半分程度でできる木造住宅の耐震改修工法を研究してきた。

 従来の工法では、天井や床を解体し、建物の梁(はり)や柱全体をむき出しにしてから補強用の構造用合板や金具を取り付けていた。多くの手間がかかるため、費用は数百万円、工期に半年近く取られることもあった。

 安価な新工法では、天井や床を…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら