香取慎吾さん、心臓をオブジェに 表現したアイドルの姿

有料会員記事

聞き手・滝沢文那
写真・図版
香取慎吾さん=2019年4月25日、東京都江東区豊洲、山本倫子撮影
[PR]

 日本で初めての個展を開催中です。僕の心音が聞こえる心臓の形をしたオブジェが中心にあって、髪や歯形を使ったものも。自分の体にこだわった作品が多くなりました。

 なんでそうなったのか、なかなかうまく言えない。でも僕の場合、アーティストとしての身体性を見せたいんじゃない。アイドルとしての自分があって、アートしたくて、アーティストと呼ばれて。アイドルがアーティストをやるんだったら、体の中を見て欲しいんです。

 アイドルのカバンの中身って見たいじゃないですか。だったら、心音が聞けたらもっとうれしくないですか(笑)。

 この個展は、今までの仕事の中で一番「僕」が見えるもの。楽しんで作ったものも多いですが、作品に添えたキャプションにマイナスな気持ちやネガティブな言葉を書いたものがあって、驚く人もいる。僕からあまり聞いたことがないからだと思います。

ここから続き

 「もう明日なんて来なくてい…

この記事は有料会員記事です。残り1075文字有料会員になると続きをお読みいただけます。