[PR]

 ポニーのしっぽの毛やダチョウの卵の殻――。そんなユニークな賞品が当たるじゃんけん大会が5月6日まで、盛岡市新庄の盛岡市動物公園で開かれている。動物たちをより身近に感じてもらおうと、飼育係6人で考案した。

 じゃんけん大会は正午から。ヒトコブラクダの毛や、鳥の羽根の詰め合わせなどを日替わりで1個ずつ用意する。ツイッターで告知すると「ステキ過ぎ」「予想の上を行く」などと話題を呼んだ。考案者の1人、松村亜裕子さん(33)は「動物に興味を持ち好きになってもらえるような動物園にしたい」。問い合わせは同公園(019・654・8266)へ。(太田原奈都乃)