[PR]

 約千匹のこいのぼりが渓谷を彩る「第30回竜神峡鯉(こい)のぼりまつり」が始まった。茨城県常陸太田市天下野(けがのちょう)町の竜神大吊橋(おおつりばし)周辺で、5月12日まで開催される。高さ日本一のバンジージャンプが売りの竜神大吊橋。今年は、バンジージャンプを体感できるVR(バーチャルリアリティー)スコープも売り出された。

 大吊橋は全長375メートルあり、高さは竜神ダムの湖面から約100メートル。橋の両側にはったワイヤに連なるこいのぼりが、渓谷を吹き抜ける風に吹かれて悠然と泳ぐ。バンジージャンプをする人たちは、橋中央付近から飛ぶ。

 VRスコープを売り出したのは、市と橋を管理する第三セクターの水府振興公社。360度のパノラマ映像で、100メートルの高さからダイビングする臨場感を味わうことができる。スコープに記載されたQRコードをスマートフォンで読み取り、アプリをダウンロード。組み立てたスコープにスマートフォンをセットして、疑似体験する。「興味はあるけど怖くて……」という人におすすめだ。

 1個1千円。竜神大吊橋のほか…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら