829人が散った人間爆弾 設計者は戦後、新幹線開発に

有料会員記事空襲1945

大畠正吾
[PR]

 太平洋戦争末期に登場した特攻機「桜花」の設計者の資料などを集めた企画展が、6月9日まで大分県宇佐市の宇佐市民図書館で開かれている。一度出撃すれば生還は不可能な「人間爆弾」の残酷さや愚かさを77点の手記や写真、設計図などが教えてくれる。

 桜花は長さ6メートルで、前部に1・2トンの爆弾を装備していた。一式陸上攻撃機につるされて敵艦に近づき、ロケット噴射で操縦者とともに体当たりする。沖縄戦などに投入されたが、敵艦に近づく前に多くの一式陸攻が撃墜され、7隻の駆逐艦に被害を与えただけに終わったという。

 宇佐海軍航空隊も出撃基地だったが、1945年3月に一式陸攻が空襲に遭い、その後は終戦まで出撃はなかった。桜花や一式陸攻に搭乗した「神雷部隊」の戦死者は全国で829人にのぼった。

ここから続き

 展示されているのは、海軍技…

この記事は有料会員記事です。残り428文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
空襲1945

空襲1945

あのとき、日本中が戦場だった。東京・大阪・福岡など各地の写真300枚や映像、データマップで惨禍を伝えます。[記事一覧へ]