[PR]

 10連休の宿泊は愛知が狙い目?―― 旅行検索サイト会社が調べたところ、大型連休期間(4月27日~5月6日)の47都道府県の満室率の平均は、愛知県が最も低かった。ホテル、旅館の関係者は「ぜひ泊まりに来て」と呼びかけている。

 調査は旅行検索サイト「atta(あった)」の運営会社によるもので、大手旅行サイトを通じ、ネット予約ができる宿泊施設約2万9千軒の予約状況を調べた。満室率は24日時点で愛知は62・4%と全国で最も低かった。最も高いのは京都で91・0%。全国平均は76・1%だった。

 県内の約4割の宿泊施設が加盟する愛知県ホテル・旅館生活衛生同業組合の担当者は「交通の便の良さなど、日帰りできる環境が原因だろう」と話す。

 同業組合によると、名古屋中心部では満室が多いが、中区でもエリアをずらせば泊まれるところはある。連休半ば以降は、より空室率が上がるという。

 同業組合は、県内の宿泊施設の予約状況をウェブサイト(http://www.aichi-yado.com/別ウインドウで開きます)で紹介している。(山下奈緒子)

■満室率の高い都…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら