[PR]

 天然の藍で染めたアルミニウムをボディーに使った万年筆が評判だ。困難と言われていた染色技術を大分県佐伯市の企業が開発。地場産業を支援する大分市の地域商社が商品に採用した。藍ならではのしっとりとした色合いが国内外の万年筆愛好家から注目され、初回生産分は予約のみで完売した。

 技術を開発したのは、半導体や液晶の製造装置などを手がける佐伯市の長尾製作所。他社との差別化を図るため、不可能と言われてきた藍による金属染色に挑戦した。表面に特殊な処理をするなど工夫を重ね、3年がかりで実現させた。

 同製作所の取引先である大分銀行も設立に携わった地域商社「Oita Made」が、この素材の商品化を検討。気品ある色合いを生かし、高級万年筆を作ることにした。

 製作には大手メーカーのセーラ…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら