[PR]

 2018年度に沖縄県を訪れた観光客数は999万9千人だった。県が26日、発表した。目標の1千万人には1千人届かなかったが、前年度より4・4%増え、6年連続で過去最高を更新。県は、国内航空の路線数やクルーズ船の寄港回数が増えたことが要因とみている。

 玉城デニー知事は定例会見で「目標達成には至らなかったが、実績は沖縄観光の継続した好調さが表れているもので、実りある1年だった。引き続き、受け入れ態勢の強化を図りながら誘客に取り組みたい」と述べた。県は、今後も好調に推移するとみており、19年度の目標を1030万人とした。