【動画】熊本城小天守、復旧現場公開=清水優志撮影
[PR]

 熊本市は26日、再建が進む熊本城の天守閣や長塀の復旧作業の現場を報道陣に公開した。小天守は22日に鉄骨の組み上げ作業を終え、全体が作業用の足場で覆われた。

 熊本城の小天守は2016年4月の熊本地震で柱や壁が損傷。耐震性を高めるため、一部を解体した上で軽量化し再建する。復旧は21年春になる見通し。

 地震で一部が倒壊した国指定の重要文化財の長塀の組み立て工事現場もこの日、公開された。折れたり欠けたりした部分があるが、元の木材を半分以上使用して修復し、21年1月の復旧を目指す。熊本城総合事務所の浜田清美副所長は「ゴールデンウィークに入るので元気になっていく熊本城の姿を見に来ていただければ」と話した。(清水優志)