[PR]

 鹿児島県出水(いずみ)市の路上で26日早朝、中学1年の女子生徒が男に襲われ頭にけがを負った事件で、県警は同日夜、熊本県津奈木町の養鶏作業員、長浜雄介容疑者(23)を強制わいせつ致傷の疑いで逮捕し、発表した。容疑をおおむね認めているという。

 発表によれば、長浜容疑者は同日午前7時20分ごろ、わいせつ目的で女子生徒にけがを負わせた疑いがある。女子生徒は頭部に複数の切り傷を負い約10日のけがをした。「(長浜容疑者と)面識はない」と話しているという。

 通報者の男性によれば、この日早朝、市道付近に生徒のカバンや果物ナイフが落ちており、運転席のドアが開いたままの軽乗用車がとまっていた。近くの建物の裏に回ると、長浜容疑者とみられる男が女子生徒を襲っていた。「何しようとか」と大声で怒鳴ると、男は車に乗り込んで逃走。ナイフはなくなっていた。

 県警はこの日午後、熊本県内で長浜容疑者の身柄を確保し、事情を聴いていた。(井東礁)