[PR]

 世界遺産の島を育む「水」をテーマにした写真集「屋久島 神々からの伝言」(南方新社)を、島在住の写真家、堀江重郎さん(61)が出版した。日本一豊富な雨をたたえる海から、水を追って山や川を歩き、太古の森や人の営みなどを収めた作品。「島の命を継承」する水の循環を伝えている。

 ヤクシカの黒い瞳に導かれて表紙を開くと、豊かな雨が生み出した島の情景が次々と現れる。

 濃緑のコケをまとった巨木を潤す白い水流、風雨の中で乳飲み子を抱き寄せるヤクシマザルの母親、樹氷と化した真冬の屋久杉……。そして、濁流の川となった水は里の暮らしに恵みを与え、再び海にかえっていく。

 カメラは伝統的な山岳信仰の「…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら