[PR]

 倉吉北高校(鳥取県倉吉市)の調理科と、食品の製造・販売などを手がける「とみや冷蔵」(同市)の共同開発商品「ロール大福」が7日から、市内や湯梨浜町のスーパー、JA直売所で販売される。北栄ドリーム農場(北栄町)産のイチゴを、桜の香りの生クリーム、こしあんと合わせて、もちもちの大福のピンク色の生地でロールケーキのように包んだイチゴ大福だ。

 調理クラブに所属する調理科の生徒たちのアイデアを、とみや冷蔵が商品化した。去年から校内で2カ月に1回開店している「高校生レストラン」の活動がきっかけで調理科に声がかかり、昨秋から商品開発に取り組んだという。

 調理クラブ部長の原田静香さん(3年)は「1粒まるまる入ったイチゴがおいしい。とみや冷蔵の技術を生かした商品に、と案を出し合って、大福に決まってからはどんなクリームが合うか考えた」。とみや冷蔵側も「大福生地をロールに巻くという発想がユニークで素晴らしい」と高校生の参加を歓迎した。

 20日ごろまでの期間限定で、2個入り税別298円。東宝ストアの河北PLAZA、新あじそうのパープル店、ハワイ店、JA鳥取中央の旬鮮プラザ満菜館、ハワイ夢マートで販売の予定。(斉藤智子)