裁判員したら「無断欠勤」に 居場所なくなり会社辞めた

有料会員記事

大貫聡子
[PR]

 東京都内の男性(49)は2011年11月、裁判員候補として裁判所からの呼び出し状を受け取った。「国民の義務。自分の役目を果たしたい」と思った。

 勤務していたソフトウェア会社の上司に相談すると、「休んで。有休にしてあげるよ」と言われ、強盗殺人事件の審理に参加した。営業先から受注した仕事は同僚に頼んだ。

 だが、16日間の審理を終え…

この記事は有料会員記事です。残り1334文字有料会員になると続きをお読みいただけます。