[PR]

 JR松井山手駅の東側に広がる京田辺市松井ケ丘の住宅街で11、12日、花いっぱいの自慢の庭を公開する「松井山手オープンガーデン」が開かれる。今年で6回目。園芸好きの15軒が参加する。半数近い庭はバラが中心だ。見学できる庭の目印として、家の前にバラをあしらった旗を掲げる。

 松井ケ丘公民館で4月10日、松井ケ丘1、3丁目に住む参加者が打ち合わせをした。近所にどう呼びかけるかや、庭の見せ方の工夫について話し合った。「目玉となるメインのバラがあるといいね」「お茶を出したり庭の写真をポストカードにしたりしてみようか」といった意見が出た。

 公開の目的は、来てくれた人たちと花談議を楽しむこと。参加者の庭を紹介するブログを2017年から始めたことも影響し、来場者は徐々に増えて昨年は約200人が訪れた。なかには友人から話を聞き、沖縄から来た年配の夫婦もいた。

 公開を提案したのは松本洋代さ…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら