[PR]

 大型連休に合わせた家族向けの防災啓発イベントが27日、徳島県北島町鯛浜の県立防災センターで始まった。地震や火災の体験ツアーを通じ、改めて家庭での備えを考えてもらう内容だ。29日まで。

 ツアーは震度7の揺れを体験したり、消火器で火災に見立てたスクリーンに水を噴射したりできる。強風を再現する装置もあり、風速20メートルを浴びた徳島市の平馬蒼士君(6)は「寒かったのでびっくり」。熊本地震に関するパネル展示や、暗闇からの避難を疑似体験する「迷路脱出ゲーム」もある。

 28日午前10時~午後2時には非常食の試食を実施。29日午前10時と午後2時、地震や津波などに関して出題するクイズ大会もある。中学生以下の子と親が対象で、各回15組。問い合わせは県防災人材育成センター(088・683・2100)。(中村律)