[PR]

 サッカーJ1、ヴィッセル神戸の元ドイツ代表FWルーカス・ポドルスキ(33)が川崎フロンターレ戦(28日、ノエスタ)を負傷のため欠場すると26日に自身のツイッターで明らかにした。出場メンバーに関する情報を試合前に公にしたことをクラブは問題視。強化責任者の三浦淳寛スポーツダイレクターは27日、同選手に事情聴取したことを明らかにし、処分について「我々はSNSの使用、活用について厳しくやってきた。検討したい」と話した。神戸は昨年10月にも出場メンバーに関する情報を試合前に部外者に漏らしたとしてDFの選手を1カ月の謹慎処分にしていた。

 最近はポドルスキの奔放な振る舞いが目立っている。17日の監督交代を受け、SNSで「主将を降りる」と表明。さらに「誠実でない人間からは忠誠心を期待すべきでない」という英文の意味深なメッセージも送って波紋を呼んだ。浦和レッズ戦(20日、埼玉スタジアム)ではボールパーソンにドイツ語で暴言を吐いたとして、25日付でJリーグから厳重注意処分を受けた。