[PR]

(27日、ソフトバンク5―1日本ハム)

 鋭く沈む変化球の切れに台湾で打率4割を残した王柏融でさえ思わずバットを振ってしまう。六回2死一塁。この日10三振目を奪ったソフトバンクの千賀は、どうだと言わんばかりに捕手を指さした。プロ入りからレギュラーシーズン無敗の札幌で快投を演じた。

 序盤から圧巻の奪三振ショーだった。一回1死から回をまたいで3者連続空振り三振。「大したことなかった」と辛口評価の直球も最速158キロを計測。最もさえたのが「しっかり扱えた」というフォークだ。直球でファウルを誘い、決め球で落とす。3番王柏融からの3打席連続を含む計11奪三振。その大半を得意球で仕留め、7回1失点。工藤監督も「久しぶりの『お化けフォーク』。安心して見ていた」と目を細めた。

 今季、奪三振への思いは特別だ…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら