[PR]

 昭和の時代、女性のあこがれの職業だったスチュワーデス。平成に入り、「キャビン・アテンダント」(CA)などの呼び名が広がり、働き方も変わった。客室乗務員はいま。

 「採用試験を受けた平成元年、男性受験者は一人も見ませんでした」。元外資系航空会社客室乗務員で、今はCAの就職を支援する「ストラッセ東京」を主宰する古沢有可さん(51)はこう話す。「CAの仕事には保安とサービスがあるが、日本ではサービスが重要視されてきた」

 約30年間日系航空会社の客室…

この記事は有料会員記事です。残り1204文字
ベーシックコース会員は会員記事が月50本まで読めます
続きを読む
現在までの記事閲覧数はお客様サポートで確認できます
この記事は有料会員記事です。残り1204文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
この記事は有料会員記事です。残り1204文字有料会員になると続きをお読みいただけます。