[PR]

 米カリフォルニア州サンディエゴ郊外のパウウェイ市にあるシナゴーグ(ユダヤ教の礼拝所)で27日午前11時20分(日本時間28日午前3時20分)ごろ、白人の男が銃を乱射し、女性1人が死亡し、3人がけがをした。パウウェイ市市長は「ヘイトクライム(憎悪犯罪)だ」と語った。宗教対立を背景にした暴力の連鎖に懸念が深まっている。

 男は現場から逃走した後、警察に電話して居場所を伝え、駆けつけた警官に身柄を拘束された。

 警察によると、逮捕されたのはサンディエゴに住むジョン・アーネスト容疑者(19)。シナゴーグに押し入った際、ユダヤ人を中傷する言葉を叫びながら殺傷力が高いアサルトウェポン(突撃銃)を乱射した。

 米メディアによると、アーネスト容疑者は事件前、ニュージーランド・クライストチャーチのイスラム教のモスクが狙われた銃乱射事件で容疑者に共鳴する考えをネット上で表明するなど、白人至上主義的な言動があったという。

 27日はユダヤ教の祭日「過ぎ越しの祭り」の最終日で、シナゴーグでは宗教行事が開かれ、大勢の人が集まっていたという。(サンフランシスコ=尾形聡彦