[PR]

 香港から中国本土への犯罪容疑者の引き渡しを可能にする「逃亡犯条例」の改正案に反対するデモ行進が28日、香港中心部であった。3月にあった前回の4倍超の約2万3千人(警察発表)が参加。香港市民の反発が強まっている。

 主催した香港の民主派団体「民間人権陣線」幹部の陳皓桓氏は行進に先立ち、「中国本土では公平な裁判が受けられないと、市民は非常に心配している。香港政府に市民や各団体の不満を突きつけ、撤回に追い込もう」と訴え、条例改正案を立案した香港政府を厳しく批判した。

 現在、中国本土は香港からの容…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら