[PR]

 米カリフォルニア州サンディエゴ郊外のパウウェイ市にあるシナゴーグ(ユダヤ教の礼拝所)で27日午前11時20分(日本時間28日午前3時20分)ごろ、白人の男が銃を乱射し、女性1人が死亡、3人がけがをした。容疑者の「犯行声明」は、ネット上での白人至上主義の広がりをうかがわせる。米国で銃の規制が進まないことも、犯行を容易にしている面がある。

 地元警察は同日、サンディエゴに住む白人男性のジョン・アーネスト容疑者(19)を逮捕。地元市長は「ヘイトクライム(憎悪犯罪)だ」と断定した。

 警察によると、アーネスト容疑者はシナゴーグに押し入り、ユダヤ人を中傷する言葉を叫びながら銃を乱射。現場から逃走した後、警察に電話して居場所を伝え、駆けつけた警官に身柄を拘束された。

 地元警察は27日の会見で「銃が不具合を起こした形跡がある」としており、銃に問題が起きなければ犠牲者がさらに拡大していたおそれがある。

 カリフォルニア州立大学サンマルコス校は同日、アーネスト容疑者が自校の学生だと明らかにした。

 10代の大学生が、なぜ犯行に至ったのか。

 警察は27日の会見で「犯人が…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら