【動画】将棋名人戦第3局の倉敷対局を前に、昨年7月の豪雨で被災した岡山県倉敷市真備町を訪問した佐藤天彦名人と豊島将之二冠=佐藤圭司撮影
[PR]

 佐藤天彦(あまひこ)名人(31)に豊島(とよしま)将之(まさゆき)二冠(29)=王位、棋聖=が挑戦する第77期将棋名人戦七番勝負(朝日新聞社、毎日新聞社主催、大和証券グループ協賛)の第3局が7、8日、岡山県倉敷市の倉敷市芸文館で指される。

 両対局者は5日に現地入りし、昨年7月に西日本を襲った豪雨災害の被災地の倉敷市真備町(まびちょう)を訪問。復興支援イベント「真備こども将棋教室」で地元の子どもたちと交流した。佐藤名人は「昨年の豪雨でたくさんの方が被害に遭われたと聞いております。深くお見舞いを申し上げます。大変な生活の中でも、将棋に楽しさを見いだしてもらえたらと思います」とあいさつ。豊島挑戦者は子どもとの交流を通じて「自分の初心も思い出せて良かった」と話した。2人からサイン入りの将棋盤を贈られた倉敷市立呉妹(くれせ)小学校2年の浦上泰尚(やすなお)くん(7)は「うれしい」と笑顔だった。

 今期名人戦は、4月に指された第1局と第2局で豊島挑戦者が2連勝。第3局は令和初の名人戦の対局となり、佐藤名人がシリーズ初勝利をあげて名人戦4連覇への起点とするか、豊島挑戦者が3連勝し、初の名人位へあと1勝と迫るか、重要な一局だ。

 持ち時間は各9時間。第3局の先手番は佐藤名人。立会人は淡路仁茂(ひとしげ)九段(69)。

     ◇

 対局の模様や棋譜は、朝日新聞デジタルの将棋ページ(http://www.asahi.com/shougi/)で随時お伝えします。(佐藤圭司)