【動画】初公開された山口県周南市のJR貨物・新南陽駅=三沢敦撮影
[PR]

 県内屈指の取扱量と広さを誇るJR貨物の新南陽駅(山口県周南市)が29日、初公開された。雨にもかかわらず多くの鉄道ファンや家族連れが訪れ、ふだんは見ることのない貨物駅の「素顔」に触れた。

 JR新南陽駅(旅客駅)に隣接する貨物駅は、周南コンビナートで製造される石油化学製品を全国に運び出すための拠点。これまで関係者以外が構内に立ち入ることはなかったが、市民に貨物駅の仕事を知ってもらおうと開放した。

 「桃太郎」の愛称で人気の電気機関車(EF210)の運転台試乗には長蛇の列ができた。フォークリフトでコンテナを貨車へ積み込む荷役作業の実演もあり、訪れた人から歓声が上がった。(三沢敦)