[PR]

 中国を訪問中の自民党の二階俊博幹事長は29日、10月予定の消費税率引き上げの延期論について「消費税の問題をどうするかということを国民に問いかけて久しい。政府および自民党自身が大いなる決断をしないといけない」と語り、延期に慎重な考えを示した。北京で同行の記者団に語った。

 二階氏は国民民主党と自由党の合併など野党の動きについては「野党は、いっそ皆合併して一つの野党体制を整えて、自民党と議論しながら国民のための政治をやっていけばいい」と述べた。

 一方、衆参同日選については「国民に信を問わなきゃいけないという差し迫ったことは今のところまだない」とした上で「常在戦場。いつ選挙があってもおかしくないのは衆院議員の宿命」と話した。安倍晋三首相の総裁4選の可能性については「ご自身がお決めになることであって、私の範囲を超えたことだと思います」と述べるにとどめた。(北京=明楽麻子)