[PR]

 三菱UFJフィナンシャル・グループ(FG)傘下の三菱UFJ銀行は29日、インドネシアの大手銀行バンクダナモンに約4200億円を追加出資し、子会社化したと発表した。出資総額は約6800億円で、邦銀による海外銀行の買収で過去最高額となった。アジア事業の強化が狙いで、アジアの銀行を買収で子会社にするのはタイに続き2カ国目だ。

 三菱UFJ銀は2017年末からバンクダナモンへの出資を進めていた。今回の追加出資で、出資比率は40%から94・1%に引き上げられる。インドネシアでは外資企業が現地銀行に4割超を出資する場合は当局の認可が必要だが、金融基盤の強化につながるとして追加出資が認められた。

 また、バンクダナモンは5月1…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら