[PR]

 体操女子の2016年リオデジャネイロ五輪に出場した杉原愛子(19)が今春、武庫川女子大(兵庫県西宮市)に入学した。東大阪市出身で「地元の関西から東京五輪を目指したい」と杉原。トップ選手の加入で、悲願の大学日本一へ気持ちを新たにする「ムコジョ」体操部にお邪魔した。

 「ニュー杉原愛子を見てほしい」

 杉原はそう言って笑った。武庫川女子大の入学式から数日後の4月7日にあった、ワールドカップ東京大会。ゆかや平均台で新しい技を入れた構成で4位に入ると、4月26~28日の全日本個人総合選手権では、腰に痛みを抱えながらもなんとかまとめ、5位に入った。

 高校1年生、15歳のときに日本のチャンピオンを決める「NHK杯」を制すると、16歳でリオ五輪に出場。高校2年で故郷を離れ、東京の朝日生命を拠点に練習をしていた杉原が「Uターン」を決めたのは昨冬のことだ。

 「家族に支えられながら、東京…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

【5/12まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら

こんなニュースも