[PR]

 世界遺産の島で生まれた木工作品のギャラリーに泊まれる宿が今春、屋久島でオープンした。「グランピング」と呼ばれる豪華なテントを使った宿泊施設で、中には島在住の木工作家が地元材で制作した家具や食器などを展示。泊まりながら実際に使ってもらい、「島の森のぬくもりを伝える新しい旅」の提供を目指している。

 屋久島材を生かした制作を続ける西優樹さん(36)が、島南部の工房に併設して開いた。工房と併せた名称は「SOLMU MATKA/PUUT(ソルム マトカ/プート)」。「旅と樹木の結び目」を意味するフィンランド語から名づけた。

 森に囲まれた大きなテントに入ると、ソファやベッドなどが完備された14畳ほどの「客室」が広がる。奥には六角形の木枠を組み合わせた飾り棚が置かれ、木の皿やカップが並ぶ。作品はすべて西さんの手づくりで、主に屋久島の木材から制作している。

 中でも、島育ちの地杉で作った…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら