【動画】インスタグラムへの投稿開始を前に公表された予告映像=制作者提供
[PR]

 ホロコーストの時代、あの子がインスタをしていたならば――。少女の名前はエバ・ヘイマン。13歳のとき、アウシュビッツ強制収容所で殺された。エバが残した日記を元に、最期の日々がいま動画でインスタグラムによみがえる。イスラエルの親子が数億円を費やして自主制作した。

 イスラエルでは5月1~2日、第2次世界大戦中に起きたホロコースト(ユダヤ人大虐殺)の記念日を迎える。この日に向け、インスタグラム上に一つのアカウントが開設された。「@eva.stories(エバ・ストーリーズ)」。1日夕から2日昼にかけて、ここにエバの最期の日々を再現した動画が次々と投稿される。

 企画したのはイスラエル人の親子。ハイテク分野の起業家として知られる富豪のマティ・コハビさん(55)と娘のマヤさん(27)だ。マティさんは親がホロコーストを経験した「生存者2世」にあたる。国民の間で当時の記憶が薄れつつあることを懸念し、プロジェクトを企画した。

 どうすれば若者に記憶を引き継げるか。マヤさんが「インスタがいい」と発案した。昨夏、二人三脚での企画が始動した。

 主人公に選んだのは、生前に日記を残していたエバという少女。「アンネの日記」と違い、エバは決して有名ではない。親が離婚し、孤独を抱えた一人っ子――。そんな等身大の存在が、今の若者に共感されるのではないかと考えた。

 エバはハンガリーに生まれたユ…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら