憲政史上初めて天皇陛下が退位した。政府は退位特例法の制定から儀式の実施まで、憲法との整合性に配慮してきた。今回の退位はあくまで一代限り。「終身在位」の原則は変えておらず、今後は退位を恒久制度にするかどうかが課題となる。

 30日午後5時からの退位礼正殿の儀は、約10分間の簡素なものだった。

 「今日をもち、天皇としての務…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら