[PR]

 7月にJR久大線で蒸気機関車(SL)が復活走行するのをPRしようと、大分県内の同線沿線各地に段ボールでできた原寸大のSLが展示されている。大分市の県立美術館に「C62」、別府市のビーコンプラザに「D51」、日田市のパトリア日田には「1号機関車」。展示期間がそれぞれ異なり、3台同時展示は3日までとなる。

 段ボール模型は長崎県南島原市の島英雄さんが手がけたもの。原寸大で、細部まで精巧に車体を再現している。

 別府で飾られているD51(デゴイチ)には、最後に実際に作られた車両のナンバー「1161」に続く「1162」のプレートがつけられており、全長約20メートル。5日まで展示される。

 大分のC62(シロクニ)は日…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら