[PR]

 ロボットアニメに革命を起こした「ガンダム」シリーズが40年を迎えた。約60作品に及び、テレビ初登場の作品がNHKで4月から放映中だ。なぜ人気が続くのか。

 青森県おいらせ町にファンが訪ねる聖地があると聞き、東北新幹線で八戸駅へ向かった。駅から車で30分。ガンダム、シャア専用ザク、ドム……。アニメに登場する「モビルスーツ」と呼ばれるロボットたちが10体ほど理容店の庭に立っていた。高さ3~5メートルほど。塗装もされ、精巧な造りだ。

 作ったのは理容店経営の鈴木敏美さん(74)。手先が器用で石膏(せっこう)像造りなどが趣味だったが、還暦の頃、高校生に「ガンダムを作ったら」と提案されたのがきっかけだった。プラモデルの部品を参考に設計図を書いた。鉄骨やコンクリートのほか発泡スチロールを使って軽量化とコスト削減にも成功。次々と立像ができあがった。

 ガンダムの頭部だけの像も作った。中を空洞にし、音響装置などを入れ、カラオケも楽しめるようにした。津波の時には水に浮かぶ舟にもなるという。

 40~50代男性を中心に全国…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら