ガールズコレクションで考えた流行 「これが私だ」表現

有料記事

大西明梨
[PR]

 ファッションのトレンドが時代とともに変化を遂げている。かつては、あるブランドがはやると、同じ服装の人が街にあふれた。しかし多様性が叫ばれる現代では、流行をうまく採り入れながら、自分らしく着こなすのがポイントだという。3月に横浜アリーナ横浜市港北区)で開かれたファッションイベント「東京ガールズコレクション(TGC)」で、トレンドについて聞いてみた。(大西明梨)

 今回のTGCのテーマは「it ME」。「これが私だ」と、好きなものを制限されることなく表現する。それぞれの個性を大切にし、ファッションを楽しんでほしいという思いが込められている。

 テーマのデザイン画を手がけたのは、神奈川県出身のアーティスト、五十嵐LINDA渉さん。「ダイバーシティーに富んだ世の中を表現。一人ひとりが尊敬される世の中をアートワークに落とし込んだ」という。

 午後3時、イベントが開演し、スポットライトに照らされたランウェーにモデルの中条あやみさんが登場。さっそうとポーズを決めると、会場に集まった多くの観客からは大歓声があがった。その後、アイドルグループ「乃木坂46」の白石麻衣さんや、モデルの山田優さんらが次々と登場した。

 モデルが着用したコーディネ…

この記事は有料記事です。残り1312文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
【10/18まで】有料記事読み放題のスタンダードコースが今なら2カ月間無料!