沖縄)さよなら平成、消えた「未来都市」 アクアポリス

有料会員記事

沖縄タイムス
[PR]

 1975(昭和50)年開幕の沖縄国際海洋博覧会で、「未来の海上都市」として注目を集めたアクアポリス。沖縄県名護市のレストラン「エメラルド」店長で大阪府出身の川崎壽さん(66)は、海洋博終了後に再オープンしたアクアポリス内でレストランを17年営んだ。

 国内外から客がひっきりなしに訪れ、大型連休夏休みには100以上ある客席がいつも満杯だった。大スクリーンで映像を楽しめるホールもにぎわった。

 釣りを楽しむ地元の人たちもいた。潜水士の免許を持っていたため岩陰に魚が引っかかると「ちょっと捕ってきて」と依頼され、潜ったことも懐かしい思い出だ。

ここから続き

 台風時は陸とつなぐ橋から切…

この記事は有料会員記事です。残り206文字有料会員になると続きをお読みいただけます。