[PR]

 カナダのトルドー首相は30日、同国を訪れたペンス米副大統領と会談した。会談後、中国で拘束されているカナダ人2人について「即時釈放」を求める共同声明を発表した。

 カナダは昨年12月、米政府の要請を受けて中国の通信機器大手・華為技術(ファーウェイ)の孟晩舟・副会長兼最高財務責任者を逮捕。直後にシンクタンク職員のマイケル・コブリグ氏とビジネスマンのマイケル・スパバ氏が中国国内で相次いで拘束された。孟氏逮捕への報復措置と見られており、中国政府は今月16日、2人を正式に逮捕したことを明らかにした。

 共同声明は2人の拘束を「違法」とし、「中国の振る舞いは国際社会での自らの評価をおとしめ、法治を守るすべての国の深い懸念を招いている」などとした。

 両氏は会談ではベネズエラ問題なども議論。マドゥロ政権に対抗して暫定大統領就任を宣言したグアイド氏を支持し、出来るだけ早期に自由公正な選挙による平和的な政権移行が実現することを望むという認識で一致した。(ニューヨーク=鵜飼啓)