[PR]

 トランプ米大統領は30日、国境を越える不法移民に対するメキシコの対策が不十分だとして、6月10日にメキシコからのすべての輸入品に5%の追加関税を課すことを表明した。メキシコが効果的な対策を行わなければ、最大25%まで引き上げるという。メキシコには日本の自動車メーカーの生産拠点が多数あるだけに、日本企業に大きな影響が及ぶ可能性がある。

 トランプ氏はこの日、ツイッターで「不法移民の問題が解決されるまで、関税は徐々に増える」と述べた。ホワイトハウスの声明では「米国の主権を侵害する何十万もの移民がメキシコを通り、米国に流入していくことをメキシコは許してはならない。メキシコが断固とした対応を取らなければ、深刻な代償を払うことになる」と牽制(けんせい)した。

 6月10日に5%が課せられた…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら