[PR]

 日本マイクロソフト(MS)が、拡張現実(AR)のゴーグル型端末「ホロレンズ2」を日本で初公開した。ARは現実の風景に3D画像が重なった世界を体験でき、製造業や医療などの現場での活用が期待される。ARから見えるのはどんな世界なのか。

 機器を装着すると周囲が見えなくなる仮想現実(VR)に対し、ARは現実の世界に仮想の画像が融合して見えるのが特徴だ。

 初代のホロレンズは日本では2017年に発売された。今年2月にスペインで発表された新製品ホロレンズ2では、装着した人の眼球や手の指1本1本の動きを認識し、目線の動きに合わせて仮想の物体(ホログラム)が動いたり、ホログラムを両手でつまんで大きさを変えたりすることができるようになった。見えている世界を複数人で共有することもできる。

 29日に日本MSが都内で開い…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら