[PR]

 スポーツのけがなどでひざ軟骨が傷つくと、歩きにくくなって生活の質が落ちてしまう。広島市のベンチャー企業「ツーセル」は、これまで捨てられていた細胞を使って、傷ついたひざ軟骨の再生に取り組む。

 55人の社員を率いる辻紘一郎社長(77)は、2001年まで製薬会社で骨などについて研究していた。今でも大事にしているのは、太ももと股関節の骨をつなぐ、小さな金属だ。亡くなった母の体内にあった。足が悪くなった母が民謡の踊りを続けられるようにと、自ら開発した。

 03年に、傷ついた骨や軟骨を…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら