[PR]

 ハチミツ作りを趣味で47年間続けている人がいる。小中学校で理科の教師を務めた静岡県磐田市の寺田幸宏さん(80)。今年は自宅近くの水田にレンゲが20年ぶりに復活し、質の良いハチミツができた。「ミツバチは自然環境の奥深さを教えてくれる」と話す。

 同僚の教師に誘われ、セイヨウミツバチを使った養蜂を始めたのは33歳の時。静岡大で生物学を専攻し、昆虫にはもともと興味があった。

 1匹の女王バチを中心に1万匹以上の働きバチが整然と行動する不思議さ。花粉を運んで生物の多様性を維持する神秘さ。自宅周辺に広がる水田には最も良い蜜源とされるレンゲがたくさん咲いており、のめりこんでいった。

 レンゲは水田の肥料として古く…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら