[PR]

 1日に発表された2020年東京五輪の聖火リレールートで、香川県内は島しょ部を含む全17市町を巡ると決まった。2日間にわたり、丸亀城などを通る。各日の最後のランナーを迎える到着式は1日目が観音寺市、2日目が高松市である。

 聖火が県内を巡るのは20年4月18、19日。組織委の資料によると、初日は宇多津町をスタート。県西部を巡り、観音寺市民会館西隣の駐車場で到着式を開く。19日は坂出市を出発し、県東部を通過。玉藻公園桜の馬場で到着式となる。

 島しょ部の直島町には18日、小豆島の2町には19日に渡る予定。船で運ぶとみられるが、詳細は発表されていない。見どころとしては、写真映えするスポットとして人気の父母ケ浜(ちちぶがはま)(三豊市)のほか、丸亀城、瀬戸大橋が挙げられた。昨秋に発足した県内ルートを検討する県の実行委員会では、「全17市町を巡ってほしい」との要望が出ていた。

 聖火は3月26日に福島県を出発し、121日にわたって47都道府県をつなぐ。香川は12番目。県内に入る前日は徳島市が終点。香川からつなぐ20日は、高知市の桂浜を出発するという。(多知川節子)