[PR]

 三重県大紀町教育委員会は31日、熊野灘に面した同町錦地区で1950年代に見つかった土器の破片約20点が、卑弥呼が治めた邪馬台国の有力候補地とされる奈良県桜井市の纒向(まきむく)遺跡(国史跡、3世紀初め~4世紀初め)から出土した土器と同じ土質とわかったと発表した。ヤマト王権の東西交易を裏付ける貴重な資料だという。

 約20点は甕(かめ)や高坏(たかつき)などの破片で、海岸部に位置する名古遺跡(約4千年前~江戸中期)などで地元の中学生らが収集した。いずれも近畿中央部に起源がある「庄内式・布留式(ふるしき)」系の土器片とされ、同町教委が保管。存在を昨年知った桜井市纒向学研究センターの橋本輝彦統括研究員が今年2~3月に調べていた。

 調査の結果、橋本さんは「ヤマト王権の伸長が著しい時期の土器が畿央から持ち込まれた」と判断。「錦地区で発見されたことで、周辺は有力者がいた東西交易の拠点港だった可能性がある」と指摘し、「土器が持ち込まれるくらい畿央と密接な関係性があったと思われ、相当数の人々が行き来していたのではないか」と述べた。

 大紀町錦と桜井市は直線距離で約60キロ。土器片は同町錦支所で一般公開されている。問い合わせは町教委(0598・72・4040)へ。(安田琢典)