[PR]

 1989年6月、中国の学生らによる民主化運動を軍が鎮圧した天安門事件から4日で30年が経つ。当時、現場に入った中国紙カメラマンが撮影した未公表写真を朝日新聞が入手した。鎮圧の様子は海外メディアも報じているが、報道統制を受けた中国メディア記者による写真は珍しい。

 6月4日には、ずらりと並ぶ軍用車両の前で、軍に捕まった市民が1人だけひざまずかされている様子を撮影した。中国国旗を背景に、軍が圧倒的な武力で民衆を制圧したことを示す象徴的な一枚だ。

 カメラマンは中国で事件を公に語れるようになったら発表しようと考えていたが、政府は30年たった今も「反革命暴乱」との評価を変えていない。「写真を通じて多くの人に真相を知ってもらい、考えてほしい」と公表に応じた。

 事件は同年4月、改革派指導者だった胡耀邦元総書記の死を悼む学生らが天安門広場に集まり、民主化を要求。共産党指導部は6月3日夜から4日にかけ、軍を投入して鎮圧した。政府発表では死者319人とされるが、事件の全容はまだ明らかになっていない。