【動画】中国への返還期限が2020年12月まで延期になった上野動物園のシャンシャン=東京動物園協会提供
[PR]

 6月12日で2歳になる東京・上野動物園のジャイアントパンダのシャンシャンが、2020年12月まで上野に滞在することになった。シャンシャンの所有権は中国にあり、東京都と中国との協定で「2歳で中国に返還する」と定められていたが、協議の結果、返還時期は1年半ほど延期されることになったという。

 小池百合子知事が、31日の定例記者会見で明らかにした。シャンシャン効果で上野動物園の入園者数は増加傾向にあり、ファンからも滞在の延長を求める声があがっていたことから、都が中国側と協議を進めていた。

 小池氏は会見で、中国側との協議内容は明かさなかったが、「返還が延びたことは率直にうれしい。また可愛がられ、すくすく育つことを期待したい」と話した。

 雌のパンダは3~4歳で発情期を迎える。シャンシャンも中国に渡った後、パートナーとなる雄を探し、繁殖に臨むことになる。(西村奈緒美)