[PR]

 関西電力黒部ルートの作業用軌道や竪坑(たてこう)エレベーターなどを体験する「黒部峡谷パノラマ展望ツアー」が5月31日に始まった。初日は計93人が参加。黒部峡谷鉄道欅平駅から奥に広がる黒部川電源開発の歴史の一端や、残雪の北アルプスの景観を楽しんだ。

 初日の参加者の一人で元県職員の岩田助和さん(70)は、黒部川の水質調査などで欅平へは何度も訪れたが黒部ルートは初めてという。同ルートは2024年6月から一般開放される予定で、「その前に一度このツアーに参加しておきたかった」と話した。

 ツアーは11月11日までの金~月曜に1日4便開催。中学生以上6千円、小学5、6年生4千円(小学4年生以下は参加不可)。申し込み・問い合わせは黒部・宇奈月温泉観光局(0765・57・2850、平日午前9時~午後5時)。(高津守)