[PR]

 28、29日に主要20カ国・地域首脳会議(G20サミット)が開かれるのを前に、大阪市内の会場の「お色直し」が進んでいる。メイン会場の国際展示場「インテックス大阪」(同市住之江区)では和式便器の一部を洋式に交換。日本が誇る最新式のトイレで各国首脳を迎える。(半田尚子、新田哲史)

 人工島・咲洲(さきしま)にある「インテックス大阪」は六つの展示館が配置され、展示面積は計約7・3万平方メートル。国際展示場では全国で3番目の規模だが、築34年。和式便器が38基残っており、「国際展示場にふさわしくない」との指摘もあった。

 今回のG20に備え、施設を運営する財団法人は1億2700万円かけ、温水洗浄便座付きの洋式便器を35基設置。和式と置き換えたほか、女性用16室と多目的1室の「トイレ棟」を新たに設けた。和式は19基に半減し、個室トイレ253室の約92%が洋式になった。

 新設の35基のうち16基は大手の「TOTO」と「LIXIL」から寄付を受けた。TOTO製は擬音装置「音姫」を内蔵し、1回の洗浄に使う水量を抑えたエコ仕様。一方のLIXIL製は自動でふたが開く開閉機能付き。お尻に対して直角に水を優しく吹き付けるなど、両製品とも最新技術が盛り込まれている。

 5月28日には松井一郎市長がインテックスで両社の関西支社長に感謝状を贈った。松井氏は報道陣を前に米国のトランプ大統領、中国の習近平(シーチンピン)国家主席、ロシアのプーチン大統領の名前を挙げ、「(トイレを)使ってもらい、日本製品の素晴らしさを知ってもらいたい」と意気込みを語った。市幹部も「VIPのお尻まで丁重におもてなしします」と力を込める。

 蒸し暑い大阪の夏に備えてエア…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら