[PR]

 沖縄県浦添(うらそえ)市の飲食店で3月に、市幹部(50代、部長級)が、女性の胸を触った疑いがある、と市が31日、発表した。市が本人に事情を聴いたところ「かなり酩酊(めいてい)していて覚えていない。そういった行為があったのであれば謝罪したい」と話したという。

 松本哲治市長は会見し「不適切な行為により(被害者)ご本人様をはじめ、関係者の皆様に深くおわび申し上げます」と謝罪した。

 市によると、市幹部は3月26日夜、市内の飲食店で、同僚や市議らと飲食。カウンター席にいた女性客の胸を触ったり、頭をカウンター席に押さえつけたりした疑いがあるという。女性は夫と来ていて、夫が大声を出し、店主が市幹部を店外に出した。夫から翌日、市に連絡があり、4月3日には当時の副市長がおわびに行ったという。

 市は「綱紀粛正の徹底という自覚が足りていないことによる軽率な行動だった」として、警察の捜査状況などを見ながら、詳細が明らかになり次第、厳正な処分を検討する、としている。