【動画】東京タワーで夜景と映像の競演=長島一浩撮影
[PR]

 東京タワー(東京都港区)の展望デッキで31日、1万7千個のLED電球を飾り「天の川」を表現したイルミネーションと、日本の夏をイメージしたプロジェクションマッピングが、6月1日の一般公開を前に完成披露された。

 イルミネーションは青色と白色の電飾で「天の川」を演出し、夜景を望む窓ガラスには光り輝く「星空」が映り込む。泳ぎ回る金魚や、ひまわり畑、花火など夏を感じさせる風物詩がプロジェクションマッピングで次々と現れ、高さ150メートルのデッキでは涼しげな夏が演出された。

 会場となるメインデッキまでの料金は大人(高校生以上)900円、子供(小・中学生)500円、幼児(4歳以上)400円。プロジェクションマッピングの投影は6、7月は19時30分から、8月以降は19時から。9月1日まで。(田辺拓也)