[PR]

経済インサイド

 「ブランドを毀損(きそん)している」。本社がある横浜市で開いた決算会見で、日産自動車の西川広人社長兼CEO(最高経営責任者)はほぞをかんだ。5月14日に発表した2019年3月期決算は、本業のもうけを示す営業利益が前年同期比44.6%減、純利益は同57.3%減に沈んだ。

 さんたんたる結果の原因は、日産の世界販売の3割を占める米国市場の不振だ。19年3月期は前年同期比9.3%減。西川氏は、「販売台数の拡大を狙うあまりインセンティブ(販売奨励金)を多用したが、それでも販売が伸びず、補塡(ほてん)するためフリート販売を増やすサイクルに入った」と説明する。

 「インセンティブ」?

 「フリート」?

 いったいどういう意味なのか。

年間1700万台もの車が売れる米国。中国に抜かれたとはいえ世界第2位の巨大市場です。利幅が大きい車が多く売れ、世界中の自動車メーカーが「ドル箱」の最重要マーケットと位置づけます。しかし、ここではある「わな」に落ちるメーカーが後を絶ちません。今回そこにはまり込んだのは日産自動車。一体何が起きたのでしょうか。

 もっとも分かりやすいのは「イ…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら