[PR]

 令和元年の初日となった1日、日本郵便は東京駅前の東京中央郵便局で、この日を示す「1.5.1」の日付が入った記念押印をするイベントがあった。切手を貼った台紙を手にした人で早朝から行列ができた。

 押印は和文、欧文、風景印の3種類。午前9時には約150人が並んだ。同局のイベントは午後7時の営業終了までで、同社は3千人超の来客を見込む。同局のほか、休日営業する全国181の郵便局も押印に対応する。

 午前6時前から並んだ東京都足立区のカーテン職人、高沢明さん(68)は、「令和」の文字を掲げる菅義偉官房長官の写真に切手を貼って押印してもらった。菅氏が「令和」を発表した記者会見で背景にしたような青いカーテンもつくったという。「自分ならではの特別な記念。平和な良い時代になってほしい」と話した。