新天皇陛下、儀式で神器など継承 新たな勲章も着用

令和

中田絢子 島康彦

 新天皇陛下が1日、即位し、皇位のしるしとされる神器などを引き継ぐ「剣璽(けんじ)等承継の儀」が宮殿・松の間で午前10時半に始まった。安倍晋三首相や衆参両院議長らが参列。新天皇陛下は燕尾(えんび)服に、天皇という特別な地位に基づく「大勲位菊花章頸飾(けいしょく)」などの勲章を身につけて入場した。

 参列は皇位継承権のある成人の男性皇族に限られ、継承順位第1位の皇嗣となった秋篠宮さま、同3位で上皇さまの弟・常陸宮さまが続いた。女性皇族は参列しなかった。

 新天皇陛下に続き、侍従が「三種の神器」(剣、璽〈じ〉=まが玉、鏡)のうち、鏡を除く剣と璽、天皇が国事行為の執務で使う御璽(天皇の印)、国璽(日本国の印)を捧げ持って入場。新陛下の前の台にそれぞれを置いた。儀式は約5分間で終わった。

 4日には新天皇即位を祝う一般参賀が予定されている。新天皇、皇后両陛下が、皇嗣の秋篠宮さま、紀子さまをはじめとする皇族方と共に6回ほど宮殿・長和殿のベランダに立つ。上皇ご夫妻は出席しない。中田絢子 島康彦

有料会員になると会員限定の有料記事もお読みいただけます。

今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント