新天皇陛下即位のニュースは、海外の主要メディアでも大きく報じられた。退位した上皇さまの足跡や新天皇陛下の紹介だけでなく、女性皇族の立場に対する疑問なども指摘した。

 米ニューヨーク・タイムズ紙は4月30日付の紙面で5本の特集記事を見開きで掲載。上皇さまが学習院中等科時代に英語教師から「ジミー」と呼ばれていたことや、陛下が皇太子時代、スペインの王女歓迎茶会で新皇后・雅子さまと知り合ったことなどを報じた。4月29日付電子版の「新天皇即位、妻は見られず」と題した記事では、神器などを引き継ぐ「剣璽(けんじ)等承継の儀」に雅子さまが立ち会えないことを紹介。「女性皇族の低い地位、ひいては日本社会において女性が直面している困難の一例」と疑問視した。

 米ワシントン・ポスト紙も29日付電子版で、皇室で13人を占める女性が「誰一人、天皇になる道はない」と、女性皇族の立場に注目する記事を掲載した。

 英BBCは30日のニュース番…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら